SEOチームの木村です。

皆さんはスマホを持っていらっしゃいますでしょうか。
1台iPhoneだけ持っている、仕事で2台持っている、ガジェット好きだから今まで出たものは全部持っていると様々いらっしゃるかと思います。

図1


上記の表のように、若者だけでなく50代のスマホ所持率も40%を超えてきており、ますますモバイル対応は無視できないものになってきております。そんな状況を踏まえ、Googleが今後下記対応を行うとのことです。

モバイルGoogleで検索した際に[スマホ対応]を表示

本日ウェブマスター向け公式ブログでも書かれていたように、今後Googleは下記のようにモバイル端末での閲覧に最適化されたサイトに関しては[スマホ対応]の表示を出されるとのことです。

mobilefriendly
via http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/


なおこちらの表示に関しては、下記条件を満たしたサイトに表示されるとのことです。

◯ 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
◯ ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
◯ ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
◯ 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること


表示されるかどうかを確かめる方法

上記のような表示は、モバイルから使うユーザーであれば見やすいサイトを見きわける手段となりますので必然的に出ているサイトをクリックするようになると思われます。では、自分のサイトに出るかどうか確かめる方法ですが下記を使用して確認することが出来ます。

Mobile-Friendly Test

mobile friendly test


こちらを使用していただき、モバイル端末で見やすいサイトだと認識されると下記のように表示されます
mobile friendly


もし上記のように表示されなかった場合は、ウェブマスターツールにログインしていただき、「検索トラフィック」>「モバイルユーザビリティ」から「モバイル ユーザビリティ」の内容を見てください。

モバイルユーザビリティ


こちらに何かしらの問題が挙げられているようであればそちらを修正していきましょう。

まとめ

今回はGoogleのモバイル検索結果を取り上げさせてもらいました。
格安スマホなどの登場で、今後PCよりもモバイルを使うという機会が多くなるという人も増えてくると思います。そんな時にサイトが見にくい・見えないという理由で見込みのお客さんを逃してしまうのはもったいないです。

ぜひとも今のうちからモバイルで閲覧された際にも見やすいサイトを目指して改善してまいりましょう。


コメントは停止中です。

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせは以下より承っております。

03-6862-0122
フォームによるお問い合わせ