SEOチームの木村です。

皆さんはスマートフォンをよく利用されますか?僕は職業柄パソコンの前に座っている事が多い(1日16時間くらいPCの前にいます)ので、通勤の時間くらいしかスマートフォンを利用してないです。

一昨日ニールセンより「2014年日本のインターネットサービス利用者数ランキング」が発表されましたので、そちらを今回のブログのネタにさせていただこうと思います。

利用者数トップ10サイトのPCからの利用率が2桁減!

まずはこちらの画像をご覧ください。これは「日本におけるパソコンからの利用者数TOP10」を表している画像です。

20141216_01
引用元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/12/Newsrelease20141216.html



TOP3のサイトは相変わらずという感じなのですが、特に見ていただきたいのは「対昨年増加率」の部分です。TOP10のサイト全てで2桁の昨対減が起きており、平均でも8ポイントの減少が起きております。

では、スマートフォンからの利用者数の推移はどうなのでしょうか。次はそちらを見てみましょう。

20141216_02
引用元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/12/Newsrelease20141216.html



こちら皆さんの予想通り大幅に利用率が伸びております。平均でも昨対で34ポイントの伸び。Amazonにいたっては昨対でスマホからの利用者数が60ポイント伸びております。

今回の調査結果から感じたこと


1.GoogleとYahoo!ではPCとスマホからの利用者がほぼ同数

GoogleをPCから利用されている方が、月間平均2,770万人・スマホから利用されている方が、月間平均4,127万人。Yahoo!をPCから利用されている方が、月間平均4,100万人・スマホから利用されている方が、月間平均3,875万人。ニールセンの調査結果では、ついにスマホからの利用者数がPCからの利用者数を抜くという事項が起きております。
こうなると、スマホからのアクセスを無視したサイト運営はより一層出来なくなってくるでしょう。

2.日本人はやはりYahoo!が好き

PCからの利用者数No.1、スマホからの利用者数でも僅差で2位と初期設定でGoogleが設定されているにもかかわらずYahoo!を利用されている方がこれだけの数いることが個人的には驚きでした。また、先の引用元のサイトではアプリの利用者数も算出していたのですが、こちらでもYahoo!JAPANアプリが10位以内にランクインしておりました。

ちなみに、Googleで検索されたワードの2014年総合ランキング1位も”Yahoo!”でした。

今後サイト担当者が行うべきこと

上記の結果を受けて皆さんいかがでしょうか?まだPCサイトしか持っていない会社の担当の方・自社のスマホサイトが使いづらいと感じていらっしゃる担当の方はぜひこのタイミングでスマホ対応を本格化すべきだと私は感じました。


図1


上記のようにスマホの所有率は年々上がってきております。特に女性向けの商品を展開しておられる企業様や、今後格安スマホの普及などにより、所有率の上昇が見込まれるアッパー層をターゲットにされている企業様は早急に整備すべきだと思います。

なお、Googleがスマホサイトのどの箇所を修正すべきかをピックアップしてくれる「モバイルフレンドリーテスト」ツールをリリースしてくれておりますので、こちらを利用するのも良いと思います。また、「ウェブマスター向けモバイルガイド」や弊ブログ内参考記事のモバイル版Googleで[スマホ対応]表示が表示決定もぜひご覧くださいませ。


コメントは停止中です。

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせは以下より承っております。

03-6862-0122
フォームによるお問い合わせ