リスティング広告

貴社サイトへの集客・お申込み、無料体験の促進及びブランディング構築

貴社WEBマーケティングのアウトソーシング機能として運用

媒体特性、キーワード、広告説明文、ランディングページを各キャンペーン/グループごとに最適化していきます。
お客様のビジネスモデル、目標を踏まえ、クリック単価(CPC)、成約率(CVR)、成約単価(CPA)を最適化し、成約数(CV)を最大化していきます。

貴社をサポートする具体的な機能
貴社サイトに適したキーワード設定
検索エンジン経由からの集客最適化
ブランディングを意識した入札戦略

リスティングプロモーションの具体施策

ユーザーの顕在層の多いキーワードの設定
3語キーワードは設定していない場合、顕在度の高いユーザーを逃している可能性が非常に高いです。以下のような設定により、3語目となるキーワードも掛け合わせをし、IMPが少なくてもCVRが高いと考えられる3語キーワードを設定します。
メインワードでの獲得に注力する場合、競合とぶつかる可能性も非常に高く、サイトクオリティや商品力などの勝負になります。そこで、月に1回検索があるかないかといったメインワード掛け合わせの3語キーワードを設定し、さらに部分一致で運用することで、どんな検索をされても必ず、上位に掲載される状態にします。
メインワード単体で検索したユーザーが、徐々に2語、3語と検索を行った際に可能な限り安く高確率でクリックさせ、CPAを下げていき、ROASを高めていきます。
一定期間配信後、獲得実績のブランドを強化指定して個別運用
ローテーション管理を行うことで、ROASを最大化するためのキーワード選定、入札管理を実施しました。
獲得強化ブランドの管理例として、「獲得強化ブランドの選定」⇒「獲得強化ブランドの設定」⇒「獲得強化ブランドの効果分析」⇒「獲得強化ブランドの入れ替え」をローテーションで運営・管理することにより、より高い成果を目指します。

Yahoo!、Google リマーケティングの活用

リマーケティングのタグをページによって使い分けます。サイトの深層へ行くユーザーほど貴社サービスやコンテンツに興味があるユーザーなので、1階層目から直帰するユーザーよりも強く追いかけます。
特に、お問い合わせ時のフォームの途中で離脱したユーザーは非常に申込意欲が高いにも関わらず離脱しているため、ページ離脱ユーザーの中では最も強く追いかける必要があります。

特設ページへの対応
季節ごとの特集ページなど、特設ページが存在する場合には、それに応じたページに専用のタグを設定し、期間中の日数でリマーケティングタグのクッキー有効期間を設定して配信します。このタグは翌年も使用できるため、配信だけ停止し、翌年の配信に備えます。

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせは以下より承っております。

03-6862-0122
フォームによるお問い合わせ