FlatDesign(フラットデザイン)の潮流

2013年の前半から急速な盛り上がりを見せたフラットデザイン。

よりシンプルに、伝わりやすく、ストレートなフラットデザイン

FlatDesign(フラットデザイン)は、画面に表示するボタンやメニューといった要素を、「平らなデザイン」で表現することです。

従来のデザインでは、アイコンに陰影を付け、「質感」や「立体」を重視していましたが、そういった構造を排除して平面的なデザインでシンプルに仕上げました。

2013年10月Microsoft社のWindows8がリリースされ、トップ画面にフラットデザインが採用されたことで話題になりました。
続いて、Apple社のiPhone(iOS7)でも、全面的にフラットデザインが採用され、より一層、フラットデザインが注目されることになります。

より、フラットなデザインを制作するために

シンプルなフラットデザインですが、単純にシンプルにすればよいものではなく、気をつけるべきポイントがあります。

次のポイントを抑えることで、よりフラットなデザインになります。

FlatDesign(フラットデザイン)のポイント
一瞬で伝わる、理解できる、脳裏に浮かぶを意識する
グリッレイアウト(規則正しいレイアウト)を活用する
原色の割合を増やし、彩度の高い色を使う
キーとなるカラーを広い面積で採用する

フラットデザインでの制作を加速させる

latDesign(フラットデザイン)の盛り上がりとともに、制作に必要なアイコン、イメージ、CSSなどのテンプレートやライブラリもたくさん表れてきました。
上手く活用していくことで、より早く、スタイリッシュなデザインに仕上げることができます。

フラットデザインでの制作アイテム
アイコンフリー素材:
http://www.flaticon.com/categories/business
PhotShop PSD素材:
http://designrshub.com/2013/04/free-flat-user-interface-templates.html
Bootstrap用 アイコンフォント:
http://fontawesome.io/
Web Items

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせは以下より承っております。

03-6862-0122
フォームによるお問い合わせ