Responsive Web Design
    - レスポンシブ ウェブ デザイン -

PC・スマートフォンをはじめとした、多デバイス化時代のWebサイトデザイン

レスポンシブウェブデザインの必要性

iPhone、Androidを始めとしたスマートデバイスの登場とネットワーク回線の高速化にともなtって、PC以外でもWebサイトが閲覧できるようになりました。

SNSの広がりとともに、ユーザーはその場で情報を入手し、アクションを起こせるようになりました。そのため、Webサイトも多様なデバイスから流入を考慮する必要性に迫られることになります。
ユーザーが触れるインターネットデバイスは、iPhoneやAndroid、iPadやテレビ、ゲームまでに広がり、それぞれのデバイスに応じたWebサイトを用意することは、もはや不可能です。

その中で、画面の幅などのデバイス特性で判断して、Webサイトを最適化(リサイズ)する手法が生まれます。それが、今日の「レスポンシブウェブデザイン」です。

レスポンシブウェブデザインに適したサイトとは

すべてのWebサイトがレスポンシブサイト化に適しているわけではありません。

個別にデバイス用のWebサイトを制作したほうが効果が高いこともあります。

では、レスポンシブウェブデザインに適したサイトとはどのようなサイトなのかを考えてみました。

効果が高いWebサイト
コーポレート(企業)サイト。
イメージ画像が多く、リサイズや再配置により、比較的に簡単に対応が行えます。
ニュース系ポータルサイト。
情報を配信することに主眼を置いているため、横幅をリサイズするだけで多デバイス化を行いやすいです。

レスポンシブウェブデザインでの制作を支援するツール

新規にレスポンシブウェブデザインを制作したり、既存のPCサイトをレスポンシブウェブデザインへ変更したりと、制作の中では常に多デバイスを意識する必要がでてきます。そんな中で、多デバイス化への制作作業を軽減して、効率化してくれるツールやライブラリもあります。

メジャーなものとしては、Twitter Bootstrap(http://getbootstrap.com/)です。

Webサイトを12個の格子(グリッド)に分割してレイアウトし、デバイスの横幅に応じてグリッドの幅が変更したり、グリッドが増減したりできます。また、ボタンやテキストボックス、グローバルナビゲーションともレスポンシブに対応したパーツが多数あるため、制作を強力に支援してくれます。

レスポンシブを支援するツールたち
Foundation:レイアウト支援
http://foundation.zurb.com/
BxSlider:レスポンシブスライド
http://bxslider.com/
ReSizer:多デバイスエミュレイター
http://lab.maltewassermann.com/viewport-resizer/

お問い合わせ

弊社サービスについてのお問い合わせは以下より承っております。

03-6862-0122
フォームによるお問い合わせ